バックハンドの打ち方

バックハンドが得意か苦手かで大きな差がつきます
相手が打ってくるサーブのほとんどが、バックのほうに
飛んでくるからですね

なぜならば、フォアハンドよりもバックハンドのほうが
強い球を打つことが難しいからです

レシーブエースをされる確率もグンと減ります
ということは、逆に言えばバックハンドが得意なだけで
他の選手よりも非常に有利です!

私はこのバックハンドのほうが得意でした。
逆にフォアハンドのほうがヘタクソなので、周りはからは
不思議なヤツ扱いをされていましたね

だって、ほとんどの人がフォアハンドのほうが
打ちやすいからです

私の場合は特に極端だったので、ダブルスを組まされて
いたときもフォアハンド側なのに、バックの構えで立たされて
いたぐらいです

相手選手は、いつもなんだコイツ?と思っていたはずです
普通いませんからね。そんな人・・・

私の場合、それぐらいフォアとバックに極端な差が
あったのですが、バックが得意だとホント相手サーブがラクで
いいもんですよ


ではバックハンドの打ち方に行きます
まずは素振りですね


【 シェイクハンドの場合 】

シェイクハンドラケット、バックの構え

お腹の前ぐらいに手の甲を表に向けてラケットを構える
身長が低いお子さんなどは、ヘソでは無く
台の上になるように

次に、そのまま前に押し出すように振りぬきます

スピンをかけたいとかいう場合があると、少し捻りを
入れたりするのですが、とりあえず初心者専門サイトなので
ここでは省いておきます^^


【 ペンホルダーの場合 】

ペンホルダー、バックの構え

基本的にはシェイクと全く同じです。ペンよりも
下に押しだす感じにすると打ちやすいでしょう

そのまま、まっすぐに打つとオーバーしてしまうことも
多いですからね

「イボ高」を活用している人は、ちょっと変わる場合も
ありますが、これはカラダで身に着けたほうが早いですね

■ PICK UP!! オリンピック選手が教える卓球のコツとは?
http://www.pingpong-123.com/
スポンサードリンク