短いサーブと長いサーブ

上手い人ほど、サーブネット際ギリギリ
落としてきます。短いサーブというヤツですね

逆に長いサーブというのは、相手コートの端っこまで
届くサーブのことです

さて、ではどちらのサーブのほうが良いということですが、
これは短いサーブのほうが、はるかに威力が高いです

なぜならば短いサーブの場合、相手の選手が
おもいっきりラケットを振りぬけないからですね

逆に長いサーブだと、相手の選手がおもいっきりラケットを
振りぬくことが出来るので、どんなに回転力のあるサーブでも
それよりも強いドライブで返されやすくなります

レシーブエースの確率を減らし、スマッシュやドライブを
打たれる確率も減るので、「三球目攻撃」というパターンが
出来上がりやすくなります

特に下回転(バックスピン)が強くて短いサーブだと、
より打ちにくいですね

サーブの距離

■ PICK UP!! オリンピック選手が教える卓球のコツとは?
http://www.pingpong-123.com/
スポンサードリンク