サーブの基本的な打ち方

サーブの打ち方としては、まずはトスする
手のひら上」に球をのせます

そしてそれを肘から下だけで垂直に上に投げます
これを最低16センチ以上投げます

何度も投げているうちに自然に高さが身に付くでしょう
16センチ上がっているのかどうかは、誰かに見てもらい
指導してもらうことをオススメします

この球を上に投げる高さが高ければ高いほど、
ラケットを球に合わせるタイミングが難しいので
最低16センチを上げることから身に着けましょうね

最初っから、高い場所に投げ上げると、サーブ自体が
とても難しくなっちゃうので要注意です!

あと、サーブ時にネットに、ひっかかって相手コートに入った場合は
もう一度やり直しです

これは何度ひっかかっても、何度もやり直すことが出来ます

サーブの構え

サーブのルール説明

卓球のサーブにもいろいろな種類があります
高い場所まで投げ上げる、天井サーブ、投げ上げサーブと
呼ばれるモノから、有名な王子サーブなどですね

このサーブにおいても、最低限のルールがあります

  • サーブのトス時に最低16センチ以上あげる
  • 球を隠すように打ってはいけない
  • サーブ時にラケットは卓球台の下でも良い


昔はこの16センチ以上というものが無かったので、
いきなりセコイサーブを打つヤツもいました

球を隠して打ってはいけないというのは、相手側にちゃんと
見えるように打たなきゃいけないということですね
最低限のマナーともいえますが・・・

逆にサーブ時にラケットが卓球台の下でもよくなったのは
ペンホルダーの選手などはサーブが打ちやすくなり好評と
聞いています

◆サーブの基本的な打ち方
◆下回転サーブ、カットサーブ
◆横回転サーブ
◆ナックル(無回転)サーブ
◆バックハンドサーブ
◆天井サーブ
◆王子サーブ

■ PICK UP!! オリンピック選手が教える卓球のコツとは?
http://www.pingpong-123.com/
スポンサードリンク