ラリーを続ける楽しさ!

僕が卓球を始めてから、もっとも嬉しかったことといえば、
はじめて試合に勝ったことではありません

もちろん基本的には負けず嫌いなので、試合に負けたら
悔しいし、勝った時は嬉しかったです


しかし卓球をやり始めてから、もっとも感動したときが
意図的にラリーが練習で50回とか続けられるようになった
ことですね。あくまで個人的にウレシさですが^^


なぜラリーが出来ることが嬉しかったのかということですが・・・


「 ああ、オレやっとまともに卓球をやっているなぁ 」


こう思えた瞬間だからです。初めてまともに卓球が出来ていると
感動した瞬間だったんですね

そして最近はじめたばかりの友人が同じことを言っていて
感慨深くなったものです


〜ラリーが続くようになるには?〜


ラリーが続くようになるコツは「自分よりも上手い人間」
相手をしてもらうことですね

お互いに初心者でがんばっているよりもはるかに上達が
早いです。これは別にラリーだけに関することではありませんが
上手い人だと自分の打ちやすい場所に返球してくれるからですね

お互いに初心者同士だと、どうしてもヘンな回転がかかったり、
バックハンド側やフォアハンド側とバラバラに球が飛んでいったり、
球のスピードがバラバラだったりと続きにくいんですよ


これはがんばっても、どうしようも無いことですからね^^


うまい人が相手だと、フォアハンド側で打ちやすいポイントに
もっとも打ちやすい球のスピードで返球してくれます

するとラリーも続くことから、自分に自信が出てきます
メキメキ上達していきますよ

ラリーが続くようになったときほど、卓球が上手くなっていると
思った瞬間は無いですからね〜

■ PICK UP!! オリンピック選手が教える卓球のコツとは?
http://www.pingpong-123.com/
スポンサードリンク