フットワークの重要性

すばやいフットワークで球を追うことはチャンスを広げます
昔、僕はバックハンドのほうが得意だったこともあって、
どうしてもフットワークがおろそかになる悪いクセがありました


「バックで返したほうが返しやすいし・・・」


こう思って、おろそかにしていました。すみません^^;
けどやっぱり最終的にはフットワークは重要だと
しみじみ思いしらされることになります


なぜならば、バックよりもフォアハンド側のほうが
やはり強い球を打ちやすいからです

バックハンドよりも体重をかけやすいので、威力が
全然変わってきます。僕がバックハンドで返した球を
スマッシュで返されることも多くなりました


超一流の選手となれば、バックハンドでも強くて鋭い球を
打つことが出来るでしょうが、ちょっと打てるぐらいの選手で
バックハンドの強打は非常に難しいです

そこではじめてフットワークも重要だな〜って
しみじみ思ったわけですが、マジメに練習したらよりいっそう
思うようになりましたね


フットワークを意識して、回りこんで打つことも意識して
打ち始めたことで自分の守備範囲もチャンスも同時に
広がりましたから


特に、ペンホルダーの前陣速攻型の選手で強い人は
やはりフットワークが違いましたね


あと身長が低い選手でもフットワークが早ければ卓球台は
そんなに広くないので充分対応できます

福原 愛選手も決して身長が高くないですよね?
世界卓球では相手の選手がまた身長が高かったりして
その差が非常によくわかりました

けど、身長の低さを感じさせない守備範囲、攻撃範囲の広さで
バッタバッタとなぎ倒すさまは快感でしたね

■ PICK UP!! オリンピック選手が教える卓球のコツとは?
http://www.pingpong-123.com/
スポンサードリンク