ショートタイプ

粒高イボ高)使いと呼ばれることもあります。
中国式やローターと呼ばれるラケットを使い、
片面をイボ高やツブ高にするのが普通ですね

私が中学のときなどは、このタイプの選手は絶大な強さを
誇っていましたが、イボ高の球の挙動に慣れられてしまうと
逆にこれといった強みがなくなるので大成する選手も少ないです

私が中学時代のときも、最初はイボ高使いとして強かった友人が
どんどん抜かれていくのを見ています

イボ高の小手先の破壊力に依存してしまうんですね
なんせイボ高に当て返しているだけで、面白いように点が
取れるからです

甘やかされて育った子供の成長が止まるのと同じですね
正直、あまりオススメのスタイルではありません

■ PICK UP!! オリンピック選手が教える卓球のコツとは?
http://www.pingpong-123.com/
スポンサードリンク