「イボ高」「ツブ高」ラバーについて

表ラバーのツブが普通よりも高い特殊なラバーのことを
そのように表現します

イボ高ラバー

イボ状の突起が高いことで、より球を受け止めやすくなり、
使い慣れた選手になると、球の回転を完全に殺すことが出来ます
それにより、野球でいうナックルボールと同じ効果を出せます

そして粒高には「粒高一枚ラバー」と「粒高表ソフトラバー」があります。

粒高はナックルになりやすい特性もあるのですが、粒高で球を
受けると高い粒でグニャッと受け止められたボールの回転が
そのまま返球されます

前に向かって進んでいる回転が、そのまま跳ね返されたら
どうなるのかということですが・・・

はい、全く逆のスピンになって返球されてきますね
ドライブならカット(下回転)の球となって返球されてきます

反対に相手のカットを粒高でプッシュして返球するとドライブ系
(上回転)ボールになって返球されます。特殊なラバーといっても
いいのですが、慣れると初心者でも使えます。

それが解っていると、こちらがサーブ権のときに下回転の
サーブを出し、返球されてきた上回転の球をスマッシュで叩くと
いう戦い方をしていましたね

この記事を書き直しているときに思い出しました^^;
同じ粒高でも一般の表ソフトラバーとはかなり違っていますね。

ちなみに私が通っていたクラブの選手はみんな一枚ラバーでした
スポンジが無いぶん、やはり強度がもろく、粒も高い分、他のラバーより
交換頻度は高かったような気がします

といっても、ちゃんと手入れをして、ラケットをメチャクチャに扱わなければ
他のラバーと大差ありませんよ

■ PICK UP!! オリンピック選手が教える卓球のコツとは?
http://www.pingpong-123.com/
スポンサードリンク